くらし情報『寺島しのぶ「若いころはひたすら耐えていた」女優業と子育て、濃厚な人生を語る』

2021年12月4日 19:00

寺島しのぶ「若いころはひたすら耐えていた」女優業と子育て、濃厚な人生を語る

寺島しのぶ「若いころはひたすら耐えていた」女優業と子育て、濃厚な人生を語る
寺島しのぶ(48)撮影/矢島泰輔スタイリング/中井綾子(crepe)ヘアメイク/光倉カオル(dynamic)衣装協力/ROSETTAGETTY、TASAKI

「鶴橋(康夫)監督の作品は基本的に断りません。そして共演に宮沢りえさん、さらにはこの脚本で出演を決めました」

2夜連続放送のスペシャルドラマ 山崎豊子『女系家族』。今まで何度か映像化されてきた不朽の名作だ。

「だから、やりがいとともにプレッシャーを感じました」

演じるのは、大阪・船場で四代続く女系筋の老舗木綿問屋“矢島商店”の長女(総領娘)・矢島藤代。ある日、婿の当主であり、父である嘉蔵(役所広司)が総資産数十億円を残してこの世を去る。そして、矢島家の三姉妹の前に突如現れたのは嘉蔵の愛人・浜田文乃(宮沢りえ)。それぞれの思惑と意地のぶつかり合い、罵り合い。熾烈な遺産争いが繰り広げられる!!

■寺島しのぶの“もっと欲しいもの”

「演じるのは楽しかったですね。藤代は“長女だからいちばんもらわなきゃ嫌!!”で。もともとの性格なのか、そういう教育を受けてしまったのか……。でも総領娘にそぐわない人物だから余計に順番に執着してしまう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.