くらし情報『違法わいせつ動画で1億8000万円荒稼ぎ!「東大卒」研究員の“下劣”なハンドルネーム』

2021年12月1日 06:00

違法わいせつ動画で1億8000万円荒稼ぎ!「東大卒」研究員の“下劣”なハンドルネーム

柴田容疑者も自分で出演していたが、男優を依頼して撮影することもあった」(捜査関係者)

背景には、インターネットの普及により、店舗や販売ルートを持たずとも個人間で売買するスタイルが確立したことがある。撮影機器の高性能化も進み、専門技術がなくてもプロ並みの動画をつくりやすくなった。アダルトビデオ(AV)業界の水面下では、闇に紛れるように無修正のいわゆる“裏ビデオ”がネット上で取引されている。

山下容疑者は、

「販売したことは間違いないが、映像を粗くしてアップロードしたのでわいせつの認識はなかった」

と容疑を否認。

柴田容疑者は、

「お金を稼ぐためにわいせつ動画を販売していた」

と容疑を認めている。

一斉取り締まりによる同容疑で同じ日、警視庁は新宿区の会社役員・福田茂人容疑者(36)、足立区の海上自衛隊員・星将人容疑者(32)、同区のカメラマン・木内峻容疑者(36)を逮捕。

愛知県警は名古屋市の自称自営業・田渕友浩容疑者(38)、同市の会社役員・廣井朗弘容疑者(43)を逮捕した。

「逮捕された7人の売り上げ総額は約4億7000万円にのぼる。1本あたりの単価が数百円の作品もある中、ダントツに稼いでいたのは山下容疑者だった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.