くらし情報『「相続税ルール大改正」の前に!今なら間に合う、駆け込み“生前贈与”のススメ』

2021年12月6日 08:00

「相続税ルール大改正」の前に!今なら間に合う、駆け込み“生前贈与”のススメ

「相続税ルール大改正」の前に!今なら間に合う、駆け込み“生前贈与”のススメ
生前贈与※画像はイメージです
相続のルールを激変させる動きが加速している。早ければ2022年4月から、年間110万円までに定められた「生前贈与」の非課税枠が廃止されるかもしれないのだ。タイムリミットが迫る節税対策の方法と岸田内閣が目論む増税の行方を検証!

■相続税のルールが変わるかも

近年、相続税の対象になる人が増えているのをご存じだろうか。かつては相続税がかからない金額が「5000万円+1000万円×法定相続人数」だったのが、2015年から「3000万円+600万円×法定相続人数」までにダウン。これにより、亡くなった人のうち4%程度しかいなかった相続税を払う人が、8%程度と倍増。地価の高い東京圏では約16%の人が対象になっているのだ。

“相続税なんて、お金持ちしか関係ない話でしょ”と思うかもしれないが、都会の一戸建てを相続した人なども対象となることが増え、遺族が困惑することもままあるという。そのため節税対策として、元気なうちに少しずつ財産を配偶者や子に渡す「生前贈与」を行う人も数多くいる。

そんな中、気になるのが、相続税と贈与税が一体化されるという動き。

昨年12月に自民・公明両党が公表した『令和3年度税制改正大綱』という資料には、こう記されている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.