くらし情報『神田正輝、実家放置で住職も苦言!ご近所も迷惑する“空家トラブル”に「歯切れの悪い言い訳」』

2021年11月29日 21:00

神田正輝、実家放置で住職も苦言!ご近所も迷惑する“空家トラブル”に「歯切れの悪い言い訳」

神田正輝、実家放置で住職も苦言!ご近所も迷惑する“空家トラブル”に「歯切れの悪い言い訳」
2021年11月、直撃取材を受ける神田正輝。多くは語らずタクシーに
今年1月に惜しまれつつ解散した石原プロモーション。昭和の大スター、故・石原裕次郎さんが創立した名門芸能事務所だ。その裕次郎さんにスカウトされ芸能界入りしたというのが俳優・神田正輝。

「特技のスキーをしながらアルバイト暮らしをしていた神田さんが、23歳のときレストランで出会った裕次郎さんから“撮影の見学に来いよ”と言われたのがきっかけ。あれよあれよと素人のままドラマ出演が決まってデビューしちゃった、というのは有名な話です。『太陽にほえろ!』をはじめ数々のドラマに出演して渡哲也さん、舘ひろしさんとともに50年近く、『石原軍団』を中心で支えてきた人です。まぁ、世間的にはそれよりも松田聖子さんの“最初の夫”というイメージのほうがずっと強いでしょうけど」(スポーツ紙記者)

■実家は20年も放置されて

石原プロ解散以降は、どの事務所にも所属せず、フリーランスとしてひとりで活動する道を選んだ神田。俳優業もそのまま引退状態に。

「“セリフが覚えられないから、もう俳優はやらないんだ”って。ここ数年、台本を覚えるのにだいぶ苦労していたそうでね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.