くらし情報『木村拓哉と岡田准一が“信長被り”、年功序列・終身雇用崩壊で「生き残りかけた戦」へ』

2021年12月4日 17:00

木村拓哉と岡田准一が“信長被り”、年功序列・終身雇用崩壊で「生き残りかけた戦」へ

木村拓哉と岡田准一が“信長被り”、年功序列・終身雇用崩壊で「生き残りかけた戦」へ
木村拓哉、岡田准一
《本当にたくさんの作品や役者さんがいる中で選んでいただいてすごくうれしい。でも、なんだろう。こういった選考に自分が対象として存在したことがあまりなかったので》

映画『マスカレード・ナイト』での好演が評価されて、『第46回報知映画賞』で主演男優賞に選出された木村拓哉。その受賞コメントからは、喜びとともに戸惑いもにじみでていたのだが、それもそのはず、これまで木村が“賞レース”に参加することは珍しく、映画賞もまた同様だったからだ。

「これを機に『アカデミー賞』も“解禁”になるのでは?」とは情報番組・芸能デスク。日本最高峰の映画賞『日本アカデミー賞』と、数々のヒット作で主演を務めた日本を代表する名優の1人に数えられる木村とは縁がない。

「かつて時代劇『武士の一分』が、『第30回日本アカデミー賞』で優秀作品賞や優秀監督賞をはじめ13部門を獲得したにもかかわらず、優秀主演男優賞を獲ることはなかった。それは“賞レースには参加しない”という事務所の方針があったからで、本来ならジャニーズ初の“アカデミー賞俳優”になるのは木村さんだった」(同・芸能デスク)

以降も、木村をはじめとしたジャニーズ俳優が同賞に登場することはなかったのだが、突如として方向転換したのが2015年。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.