くらし情報『木下富美子元都議の代理弁護士が取得していた“怪しい”商標『ワケあり君』の中身』

2021年12月5日 05:00

木下富美子元都議の代理弁護士が取得していた“怪しい”商標『ワケあり君』の中身

木下富美子元都議の代理弁護士が取得していた“怪しい”商標『ワケあり君』の中身
小池百合子東京都知事と写る木下都議(木下都議のツイッターより)
今年7月の東京都議会議員選挙で当選。しかし当選後、選挙期間中の人身事故、及び無免許運転が発覚した木下富美子元都議(55)。期間中以外も合わせ、無免許運転はなんと7回。道路交通法違反の罪で在宅起訴されていた。

■木下都議の代理人弁護士は“いじめ”を主張

「無免許運転の発覚後は雲隠れ状態でしたが、今月9日に4か月ぶりに登庁し都議会に出席。そして22日に急遽、小池百合子都知事に申し入れ、臨時の記者会見を開きました。そこで述べられたのは“都議の職を辞することを決断した”。無免許運転で当て逃げをしていた疑いの発覚により、所属していた政党『都民ファーストの会』からは除名処分を受けていました」(政治部記者、以下同)

除名処分後は、一人会派を設立。『SDGs東京』という派閥名に、ネットでは“何も考えず流行り言葉をただ使っただけ”というような声も多かった。

「現在に至るまでSDGs東京の活動がわかるようなホームページなどは見当たりません。『木下ふみこ公式サイト』はありますが、政策などはなく今回の件についての謝罪や説明のページがあるのみ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.