くらし情報『オミクロン株はワクチン接種から生まれたのか「危険性と感染リスク」に迫る』

2021年12月8日 11:00

オミクロン株はワクチン接種から生まれたのか「危険性と感染リスク」に迫る

オミクロン株はワクチン接種から生まれたのか「危険性と感染リスク」に迫る
※写真はイメージです
新しい変異ウイルス「オミクロン株」が誕生。WHOは「危険性が非常に高い」と発表した。アルファから数え、今回で13番目の変異ウイルス。南アフリカで生まれたのはある理由が?なぜこれほどまでに次々と変異は増えていくのか。ワクチン接種を重ねることで変異が増加?さらなるパンデミックを医師が解説する。

■実は“変異”は100万以上起こっている…!

ここ数年、人類を苦しめ続けている脅威が、姿を変えてわれわれを襲おうとしている。新型コロナの“変異”ウイルス『オミクロン株』だ。そもそもなぜ変異は起こるのか。

「今回の新型コロナのようなRNA型のウイルスというのは非常に単純な構造です。生物学的にウイルスの生態として、環境に合わせて自ら構造を変えるというような“判断”をする能力は一切ありません。確率の話で、生物学的に変化は起こるもの。また、それらはすべて“偶然”起こります。新型コロナの変異ウイルスが生まれるのは、生物学的なこの原則によるものなので、変異はいくらでも起こりえます」

そう話すのは、新潟大学名誉教授で医療統計の第一人者と呼ばれる医学博士の岡田正彦先生。

「実は新型コロナウイルスは、数え切れないほどの遺伝子の違いが発見されています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.