くらし情報『米倉涼子&岸部一徳『ドクターX』最終回前に「メロン」ではない粋な差し入れ合戦』

2021年12月16日 17:00

米倉涼子&岸部一徳『ドクターX』最終回前に「メロン」ではない粋な差し入れ合戦

米倉涼子&岸部一徳『ドクターX』最終回前に「メロン」ではない粋な差し入れ合戦
米倉涼子
『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が12月16日にいよいよ最終回を迎える。

「10年目の第7シーズンとなる今作も、米倉涼子さんが演じる“失敗しない”フリーランスの天才外科医が大活躍。人気シリーズなだけあって、これまでの平均視聴率も16%超えです。作中では、西田敏行さんや遠藤憲一さん、勝村政信さんなどおなじみの外科医のキャストたちが、野村萬斎さんなど内科医の新キャストと対立する中、米倉さんは“一匹狼”を貫いています」(テレビ誌編集者)

しかし、撮影現場ではどうやら一匹狼とは真逆のようで。

「現場をいつも明るく引っ張っていますよ。撮影期間中には、体調を崩して杖をついていた時期もあったのに、いつも周りのことをすごく気遣っていました。キャストがNGを出しても、米倉さんが嫌な顔ひとつせず笑ってくれるおかげで、撮影は順調そのものです」(制作会社スタッフ、以下同)

そんな明るい現場をさらに盛り上げるべく、共演者たちも差し入れで“後押し”しているという。

「手軽に食べられる、小さめサイズの甘いものをいただくことが多いです。例えば、野村さんからは『たねや』の羊羹を、要潤さんからは“要潤”と焼き印の入ったどら焼きを差し入れしていただきましたね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.