くらし情報『コンビニより増加!患者を食い物にする、行ってはいけない危険な「歯医者」』

2021年12月28日 13:00

コンビニより増加!患者を食い物にする、行ってはいけない危険な「歯医者」

コンビニより増加!患者を食い物にする、行ってはいけない危険な「歯医者」
※画像はイメージです
医者選びにだけは失敗したくない、誰もがそう思っているだろう。歯医者だって同じだ。歯はすぐに命に関わるような状況は少ないとしても、抜いたら最後、二度と生えてはこないのだから絶対に失敗はしたくない。

■ヤバい歯医者が増加

ひと昔前は歯医者の数も少なく、患者側の選択肢は少なかったが、いまは選ぶのに困るほど歯医者が増えた。それらすべてが信頼できる歯医者なら喜ぶべきだが、むしろその逆だと指摘して憂えているのは、東京の渋谷で23年前から歯科医院を続けている斎藤正人先生だ。先生は毎日のように、歯科治療のひどい現実を患者を通じて目の当たりにしているという。

「歯医者が増えても、いい歯医者が増えたわけじゃなくて、ヤバい歯医者が増えているんだからどうしようもない。

ろくに説明もなく治療をされたなんて序の口で、どう考えても抜く必要のない、治療で残せる歯を『抜くしかありませんね』と言ったり、どうしてインプラントにする必要があるのかわからない歯を7本もインプラントにして、あげく8本目をすすめたり。

うちにはそんな治療でさんざんな目にあった患者さんが全国から駆け込んできます」

インプラントとは、あごの骨に金属製の歯根を手術で埋め込んで義歯をかぶせる治療のこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.