くらし情報『マスク拒否男・奥野淳也被告、いまだノーマスク強調も「実はこっそりつけている」理由』

2021年12月16日 11:00

マスク拒否男・奥野淳也被告、いまだノーマスク強調も「実はこっそりつけている」理由

マスク拒否男・奥野淳也被告、いまだノーマスク強調も「実はこっそりつけている」理由
奥野被告は天野さんの飲食店を訪れるたびに、自身のサインを店内の壁に残していた
「身元引受人になって、出所後はうちの店で働いてもらおうと思っていたんだけど、今年の6月に手を引いたよ。だって、トラブルを起こしているのにまったく反省していない。しかも、“今後もマスクをするつもりはない”とか言うから、頭にきちゃってね」

東京・新宿で『定食酒場食堂』を経営する天野雅博さんは、怒りを露わにした。

昨年9月、釧路発関西空港行きのピーチ・アビエーション航空機内で、乗務員からのマスク着用の要請に応じずトラブルになり、運航を妨害したとして威力業務妨害と航空法違反の疑いで逮捕された奥野淳也被告(35)。

今年4月にも、千葉の飲食店に“ノーマスク”で入店したため、客とトラブルに。駆けつけた警察官の顔を殴打したとして、公務執行妨害の容疑で再び逮捕された。

■今もマスク拒否の信念は曲げない

「警察沙汰にこそなっていないが、長野のホテルや、東京の美術館などでも被告の“ノーマスク”がトラブルを引き起こしています。5月に千葉地裁で開かれた公判でも、やはりしていなかった。ある意味、信念を貫き通す“マスク拒否男”なんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.