くらし情報『“ととのう”ブームに医師が警告「超高温サウナと超低温水風呂の切り替えは危険」』

2021年12月25日 21:00

“ととのう”ブームに医師が警告「超高温サウナと超低温水風呂の切り替えは危険」

カラダや頭が“ととのう”と、今サウナが大ブームに。入浴法やグッズなどを紹介する書籍やサウナ専門誌まで。サウナはより高温になり、冷ます水風呂はより低温に……。一般的なサウナは80〜90度だが、150度という超高温も。先鋭化したサウナではたして健康になれるのか。医師が解説する。

“ととのう”ブームに医師が警告「超高温サウナと超低温水風呂の切り替えは危険」
伝統的なフィンランド式サウナなら、いろいろな病気に効くという研究論文も多いという※写真はイメージです■正式なフィンランド式には水風呂はない

近年、よく耳にするようになった言葉“ととのう”。ここ数年大ブームとなっているサウナ用語だ。《サウナ→水風呂→外気浴》を最低3セット行うことにより、もたらされる“ととのう”とは、人によって感じ方はさまざま。

“カラダはフワフワしてるんだけど、気分や頭はシャッキリ”“カラダが軽くフワフワになって多幸感がある”などとサウナー(サウナ愛好家)は言う。都内在住のサウナーは、

「ブームでサウナは先鋭化しています。通常、サウナは90度〜100度くらいが一般的でしたが、今は120度も珍しくなく、中には150度のサウナも。水風呂はマイナス温度のところはざら。入ってて死ぬんじゃないかなって思うこともあります(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.