くらし情報『いしだ壱成、パワーストーンよりも“価値”があるかもしれない「野島ドラマ」のような人生』

2022年1月5日 17:00

いしだ壱成、パワーストーンよりも“価値”があるかもしれない「野島ドラマ」のような人生

いしだ壱成、パワーストーンよりも“価値”があるかもしれない「野島ドラマ」のような人生
2017年、新恋人について記者会見を開いたいしだ壱成
いしだ壱成(47)が3度目の離婚をした。2018年に24歳下の女優・飯村貴子と「できちゃった」再々婚。しかし、食費にも事欠くような、まさに妻子を食わせられない状況に陥っていたという。雑誌では、

「パワーストーンの販売やインターネットのライブ配信で収入を得ていた時期もあったのですが……」

と、告白。10年前にはパワースポットだという石川県の神社の近くに引っ越したが、あまり御利益はなかったようだ。なお、ライブ配信では代表作『未成年』(TBS系・1995年)のラストシーンを再現したりしている。脚本は野島伸司だ。

■いしだ壱成は“野島ドラマ”みたいな人生

何しろ、この作品、出演陣がすごい。例えば、家庭教師に妊娠させられる令嬢役でまだ女優だったころの浜崎あゆみが出ている。生まれる子どもの父親代わりになるのは、河相我聞だ。実生活では「隠し子」がいたことがのちに発覚。ちなみに「石田純一の隠し子」として世に出たのがいしだである。

そんないしだは、実生活で最初の子どもを手放した。最初の妻が子連れで再婚したのは谷原章介。ややこしいことに、谷原はこのドラマではいしだの兄で、憎まれ役だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.