くらし情報『東ちづるが語った母親との確執「親を裏切ったとしても自分の幸せを追求していい」』

2022年1月10日 11:00

東ちづるが語った母親との確執「親を裏切ったとしても自分の幸せを追求していい」

東ちづるが語った母親との確執「親を裏切ったとしても自分の幸せを追求していい」
東ちづるさん
介護や看取り。これまでの親子関係がうまくいっていない場合、寛容になれず、葛藤を抱える人は多い。そして親の死後、取り返しのつかない“後悔の種”となり苦しむケースも。母娘の呪縛に悩んだという東ちづるさんに、呪縛からの解放についてヒントをもらった。

「親を裏切ったとしても自分の幸せを追求していい」……東ちづる

「母のことは大事な存在だけど、全部が好きというと嘘になると思います。でも、親に対してそういう気持ちを持つ自分のことも嫌だった」

10~20代のころをそう振り返る東ちづるさん。優等生を無自覚に演じ、教育熱心な母親の期待に応えようと頑張っていた。

それは大学受験に失敗したとき、母に「18年間の期待を裏切ったね……」とポツリと言われ、自立して自分の選んだ進路を選んでからも続いた。“母の価値観”は絶対だった。

■母の呪縛を解くためにカウンセリングへ

転機は37歳。自分が親の期待に沿う生き方に縛られて大人になった「AC(アダルトチルドレン)」だと知り、カウンセリングを受けるように。

「母の価値観から解放されていくなかで、母も“よい母”という概念にとらわれているのではないかと思うようになりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.