くらし情報『霜降り明星・粗品「番組に恵まれない」、MC番組が4月に“サンド”に乗り換えで新婚早々ピンチ』

2022年1月7日 21:00

霜降り明星・粗品「番組に恵まれない」、MC番組が4月に“サンド”に乗り換えで新婚早々ピンチ

霜降り明星・粗品「番組に恵まれない」、MC番組が4月に“サンド”に乗り換えで新婚早々ピンチ
『霜降り明星』の粗品
昨年4月に始まったばかりの音楽バラエティー番組『オトラクション』(TBS系)が、今年3月末で放送が終了すると報じられ、業界に衝撃が走っている。

「歌手の西川貴教さんと第七世代の筆頭である『霜降り明星』の粗品とせいやがMCを務めており、いわゆる“音ゲー”に特化した新感覚アトラクション番組です。この3人がゴールデンタイムの番組でMCを任されることは初めて。

ただ、放送スタート後の世帯視聴率は3〜4%、個人視聴率は1〜2%と低迷し、ゴールデン帯としてはかなり厳しい数字に……。特に気合いが入っていたのは粗品だったそうですから、わずか1年での打ち切りにそうとう悔しい思いを感じていると思いますよ」(TBS関係者)

■冠番組がまさかの3時間繰り下がり

『オトラクション』が終了した後の番組もすでにほぼ決定しているそう。

「昨年11月に特番として放送された『ZOO-1グランプリ』のレギュラー化が有力です。全国の飼育員たちが自慢の動物たちを映像を交えてプレゼンしていき、“びっくり部門”や“偶然に撮れちゃった部門”などでそれぞれの王者を決めるという動物バラエティー番組。

子どもから大人まで楽しめる構成となっていることもあり、メインMCは特番に引き続いて『サンドウィッチマン』の2人が起用される予定です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.