くらし情報『元エリート会社員78歳がダマされた3つのネット詐欺「巧妙な手口」と「カモられる人物像」』

2022年1月14日 11:00

元エリート会社員78歳がダマされた3つのネット詐欺「巧妙な手口」と「カモられる人物像」

元エリート会社員78歳がダマされた3つのネット詐欺「巧妙な手口」と「カモられる人物像」
琴美さんの父親が詐欺グループに10数回、2万~4万円ずつ送金したWebマネー
「今そっちに向かっている。理由を聞かずにカネを貸してくれ」

78歳の実父に花山琴美さん(仮名、40代・都内在住)が金を無心されたのは、初めてのことだった。

「急いでいる様子で、驚きました。父には借金があるので、その返済に充てるのかなと」

父親の貯金はほぼゼロ。1年前に脳梗塞で緊急手術と入院をして以来、琴美さんの実母が年金を管理し、小遣い制で現金を渡している。

その場ではとりあえずお金を貸した。後日、電話で父親に3万円の使い道を尋ねたところ、思わぬ答えが返ってきた。

■元エリートサラリーマンが詐欺被害に

「68億円をオレに支援したいという人物がいる。その手続きの手数料だ」

すかさず「お父さん、それだまされているよ!」と大声を上げた。ところが父親は「いや、かつての仕事の取引先の名前も相手は出している。68億円は未入金だが騙されていない」と聞く耳を持たない。

さっそくインターネットで“支援金詐欺”と入力。すると同額の支援金の入金を持ち掛けている組織名やメールの差出人名が出てきた。

それらの記事のURLを琴美さんは父母にSNSで送付。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.