くらし情報『渋谷・焼肉店立てこもり男「お賽銭、盗んどったし」同級生が語ったヤンチャな少年時代』

2022年1月18日 05:00

渋谷・焼肉店立てこもり男「お賽銭、盗んどったし」同級生が語ったヤンチャな少年時代

渋谷・焼肉店立てこもり男「お賽銭、盗んどったし」同級生が語ったヤンチャな少年時代
荒木秋冬容疑者が住んでいた家賃月2万円の借家
「幼少期から問題児やったけど、あんなことをするなんて……。でも、結果的に誰も傷つけなくて、よかった」

と、容疑者の小学校の同級生は胸をなでおろしていた。

1月8日午後9時ごろ、東京・渋谷区のビル1階にある焼肉店で物騒な籠城事件が起きた。住所・職業不詳の荒木秋冬(あきと、28)容疑者が見せかけの爆弾を所持して男性店長(49)を人質に立てこもったのだ。店長は《爆弾を起動した。警察に連絡しろ。騒ぐな》というメモを容疑者から渡されて、すぐさま110番通報。近所の飲食店店主によると、

「ちょうど店仕舞いをしようとしていたら、パトカーや消防車がたくさんきて、驚きましたよ。警察官が規制線を張っていて火事かなと思っていたんですが、自宅でテレビを見て“立てこもりだ”とようやくわかりました」(近所の飲食店店主)

110番通報から約3時間後、警視庁は隙を見て店長を救出。さらに捜査員が閃光弾を投げ入れて突入し、荒木容疑者を監禁容疑の現行犯で逮捕した。

■捕まる前に焼肉が食べたかった

容疑者は昨年10月に起きた京王線内の刺傷事件に触発されたなどと供述。また、2週間前に故郷の長崎県を出て、東京では路上生活をしていたという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.