くらし情報『上原浩治、『サンモニ』新・御意見番の原点は「メジャー時代に味わった“喝”!」』

2022年1月16日 06:00

上原浩治、『サンモニ』新・御意見番の原点は「メジャー時代に味わった“喝”!」

上原浩治、『サンモニ』新・御意見番の原点は「メジャー時代に味わった“喝”!」
上原浩治
「デビュー戦」はそつなくこなした。

9日、情報番組『サンデーモーニング』(TBS)のスポーツコーナー『週刊御意見番』で元メジャーリーガーの上原浩治が新・御意見番として初登場。「喝」よりも「あっぱれ」多めで初回の放送を終えた。

前任の張本勲が昨年末で番組を卒業。世代交代となり、実に35歳も若返った。

■張本にも喝!の過去

「地味なコメントに終始するんじゃないか」

歯に衣着せぬ物言いが売りの前任者のファンにとって、後任として報じられた当初は物足りなさを指摘する声もあった。しかし、上原を知る関係者はこう話す。

「もともと上原は思ったことを遠慮せずに言うタイプ。歯に衣着せぬ発言、という意味では昔から変わっていない。ただ言ってもいい相手かどうか、今言っても大丈夫かというTPOを察知する能力があり、したたかな一面もある。

それに加えて関西人ということもあってか、彼の発言は『愛のある厳しいツッコミ』と捉える人が多く、反感を買うことは少ない。今はちょっとした不用意な発言で揚げ足を取られることが多い時代だが、上原ならそれをかわせると、今回の抜擢に繋がっているのかもしれません」

上原には過去に御意見番としての“実績”がある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.