くらし情報『岸田総理を悩ます「12月22日元勲会合」と歴代首相も陥った“参院選のワナ”』

2022年1月20日 20:00

岸田総理を悩ます「12月22日元勲会合」と歴代首相も陥った“参院選のワナ”

岸田総理を悩ます「12月22日元勲会合」と歴代首相も陥った“参院選のワナ”
支持率は上々だが、新型コロナ“第6波”対応、党内の熾烈な鞘当てなど難問山積な岸田文雄総理
2022年の政治の展望はどうなるのでしょうか。それを占う際、7月10日投開票が見込まれる参議院議員選挙は外せません。

総理がいつでも解散できる衆議院は任期4年のため、2025年までに好きなところで選挙をすれば良い。参議院は今年の選挙が終われば、次は3年後の2025年。

つまり、岸田文雄総理にとっては、今年の参議院選で勝てば、国政選挙を気にせず政策に専念できる“黄金の3年”を手中にできるのです。

勝った場合は、岸田政権の安定化は目に見えています。負けた場合、とりわけ新型コロナへの対応の失敗で議席が激減したとなると、責任論から総裁選が不可避となるでしょう。先にも述べたように国政選挙はしばらくないため、自民党にとっては「総選挙で勝てるか」をあまり意識せずに総理を選ぶことができます。

その際、さながら「明治の元勲」のように存在感を強めるのは、総理を計8年約8か月務め、先ごろ自民党の最大派閥である「清和政策研究会」会長となった安倍晋三氏、安倍政権を支えてきた、第二派閥「志公会」の会長であり、かつ総理経験者でもある麻生太郎氏でしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.