くらし情報『女子刑務所の怖い実態!“2度収監”された元受刑者が語る「塀の中の地獄生活」』

2022年1月23日 16:00

女子刑務所の怖い実態!“2度収監”された元受刑者が語る「塀の中の地獄生活」

女子刑務所の怖い実態!“2度収監”された元受刑者が語る「塀の中の地獄生活」
※画像はイメージです
元女子受刑者の最上六花さんの体験をもとに描かれたコミックエッセイが『女子刑務所はこわいよ』(竹書房)。嫉妬や集団いじめ、狭い雑居房での集団生活、壮絶な過去を持つ受刑者……と、塀の中の真実はすさまじい。

最上さんは勤務していた会社の指示で行ったことではあったが有印私文書偽造と詐欺幇助の罪で2回収監されている。

逮捕から出所するまでの、知られざる女子刑務所の実態を聞いた。

逮捕後は、取り調べを受け、刑が決まり、刑務所への収監となるが、その過程も過酷だ。

■逮捕されたときの気持ち

顧客に詐欺を働くための書類を作っていた最上さん。自分がやっていることは犯罪だという認識があったものの、会社からの要請を断れずに続けてしまったという。

「上司が『そろそろヤバい』と言っていて、警察沙汰になる覚悟はありました。そして朝の7時に自宅の前に覆面パトカーが来て、連行されたのです。そのときは拘置所がいっぱいだったので、留置所で取り調べが続きましたが、外にまったく出られないのが最初はつらかったです。

検察官は重箱の隅をつつくような質問ばかりで、意地悪で怖い。ただ、誕生日にポケットマネーでケーキを買ってきてくれた刑事さんもいて、温かさに触れることもありました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.