くらし情報『《茨城・義母刺殺》近隣住民が犯行時に聞いた“怒鳴り声”と今も大量の血痕が残る凄惨現場』

2022年1月24日 05:30

《茨城・義母刺殺》近隣住民が犯行時に聞いた“怒鳴り声”と今も大量の血痕が残る凄惨現場

《茨城・義母刺殺》近隣住民が犯行時に聞いた“怒鳴り声”と今も大量の血痕が残る凄惨現場
児玉大地容疑者の自宅アパート
「いつもニコニコと明るくて、優しい人柄でした。人さまに恨まれるような人では決してないので、どうしてあんなひどいことに……」

近所に住む主婦は涙目でそう話したーー。

17日の正午ごろ、事件は茨城県笠間市の小谷朋子さん(57)宅で起きた。小谷さん、帰省していた娘(25)が生まれたばかりの乳児を抱えて買い物から帰ると、小谷さんの娘婿(義理の息子)で会社員の児玉大地容疑者(25)が待ち伏せしていた。そこで小谷さんと口論になった容疑者は、持参した刃物で小谷さんの首などを複数回、刺した。

「娘さんが警察に通報したようです。事件から約1時間後の午後1時3分、搬送先の病院で小谷さんの死亡が確認されました」(全国紙社会部記者)

司法解剖による死因は、頸部損傷による失血死だった。

容疑者は現場から逃走するも、およそ6時間半後に隣町の路上で見つかり殺人の容疑で逮捕された。

「警察が容疑者を確保するときも、抵抗するようなところはなかったし、取り調べに対しても素直に応じていて容疑も率直に認めています。ただ、反省しているような言葉はいまのところ口にしておらず、肝心の動機についてもまだわかっていません」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.