くらし情報『三谷幸喜が『Nキャス』ビートたけしの後任に!狙いはニュースと喜劇の融合「コント風な解説」』

2022年1月25日 17:00

三谷幸喜が『Nキャス』ビートたけしの後任に!狙いはニュースと喜劇の融合「コント風な解説」

三谷幸喜が『Nキャス』ビートたけしの後任に!狙いはニュースと喜劇の融合「コント風な解説」
三谷幸喜
1月19日、脚本家の三谷幸喜がTBS系の報道番組『新・情報7daysニュースキャスター』(以下、Nキャス)の総合司会を4月から務めることが報じられた。

「『Nキャス』は’08年のスタート当初から安住紳一郎アナとビートたけしさんがメインMCを務める番組。時事ニュースを取り上げながら、ジョークを飛ばすたけしさんと、それをなだめる安住さんの2人の掛け合いが魅力でした。その後任がまさか三谷さんとは……」(スポーツ紙記者)

■人見知りで口下手

三谷といえば『古畑任三郎』シリーズや、現在放送中の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の脚本家として知られている。

「大学在学中に小劇団『東京サンシャインボーイズ』を立ち上げ、人気劇作家として名が知られました。その後、テレビドラマの脚本を手がけるようになり、現在では映画監督や俳優などマルチに活躍しています」(舞台関係者)

活動の幅広さはたけしに引けを取らないが、司会業は初挑戦。今回のサプライズ起用に、一部からは不安視する声も。

「三谷さんは自身の性格を“人見知りで口ベタ”と称しており、そんな性格の克服を兼ねて’00年に『気まずい二人』という女優との対談集を出したほどです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.