くらし情報『細田佳央太が坊ちゃん刈りに!「イケメンにまだ出会ったことない」役者の苦悩と目標を語る』

2022年1月29日 17:00

細田佳央太が坊ちゃん刈りに!「イケメンにまだ出会ったことない」役者の苦悩と目標を語る

細田佳央太が坊ちゃん刈りに!「イケメンにまだ出会ったことない」役者の苦悩と目標を語る
細田佳央太(20)撮影/伊藤和幸
「ワクワクしていたけど二十歳になった実感はなくて、年齢だけの変化でした」

昨年12月12日の誕生日に大人の仲間入りをした細田佳央太。

初めてのお酒は、映画『子供はわかってあげない』の沖田修一監督から贈られた焼酎「保命酒」を飲んだ。

「お酒というより薬みたいな独特の味でした。飲むと顔が赤くなって眠気がきます。記憶が飛ぶような体験はまだなくて(酒量)キャパはわからないです。20代でやりたいこと?特にないですね。好きな芝居ができて、たまにみんなでお酒を飲んでワイワイする時間があればいいかな」

■演技はやりすぎないのが大切

成人した節目、ドラマに初主演する。

土曜ナイトドラマ『もしも、イケメンだけの高校があったら』(テレビ朝日系毎週土曜夜11時~)で“非イケメン”の主人公、池田龍馬役を演じている。イケメン強豪校に入学した龍馬が、全国選抜高等学校イケメン大会出場に向けた選抜候補メンバー入りしたことから全国制覇を目標に奮闘する学園コメディー。

「設定を聞いたときはイケメンファーストの高校でめちゃくちゃ面白そうだと思いました。何がイケメンなのか、どう描くのか、クランクイン前から楽しみでした」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.