くらし情報『成田凌が周囲にこぼした「代表作がない」、念願のドラマ初主演も寄せられた“厳しいツッコミ”』

2022年1月29日 20:00

成田凌が周囲にこぼした「代表作がない」、念願のドラマ初主演も寄せられた“厳しいツッコミ”

成田凌が周囲にこぼした「代表作がない」、念願のドラマ初主演も寄せられた“厳しいツッコミ”
成田凌
成田凌の地上波初主演となる連続ドラマ『逃亡医F』(日本テレビ系)が始まった。

「成田さんは、恋人を殺したという濡れ衣を着せられ、逃亡生活を送りながら、行く先々で遭遇した患者たちを救う天才外科医を演じています。

共演している松岡昌宏さんが、日本テレビの土曜ドラマへの出演は『高校生レストラン』以来11年ぶりということも話題に。松岡さんは、殺害された恋人の兄で、成田さんへの復讐に燃える元自衛官役です」(テレビ誌ライター)

■視聴者がドラマの演出にツッコミ

ドラマウォッチャーでコラムニストの吉田潮さんは、この設定は“テレビ局のチャレンジ”だという。

「今は医療モノが多くて、医者が手術をする、救命するという作品には、視聴者はやや飽きています。でも、今回はその医者が逃亡するというずいぶんトリッキーな設定。設定を変えればいいというわけではないですが、テレビ局は変化をつけたいと考えているのでしょう。“定番の医療モノとは言わせないぞ”という気概を感じます」

しかし、第1話の放送後、SNSで散見されたのは、演出に対するツッコミばかり。腕がちぎれかけるほどのケガをした森七菜が、成田に対して冷静に話し続けたことについては、

《こんなに腕がひどい状態で人って喋れるの?笑》

という疑問の声が上がり、松岡が成田に逃げられるシーンにいたっては、

《松岡のアニキが麻酔打たれてのたうち回るのが滅茶苦茶面白い、笑った》

と“トンチキ”扱い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.