くらし情報『石橋静河が語る「“お芝居をやったらいけない”と本当に落ち込んだ」苦い過去』

2022年1月28日 06:00

石橋静河が語る「“お芝居をやったらいけない”と本当に落ち込んだ」苦い過去

石橋静河が語る「“お芝居をやったらいけない”と本当に落ち込んだ」苦い過去
石橋静河撮影/吉岡竜紀
朝ドラ『半分、青い。』(’18年)や『大豆田とわ子と三人の元夫』(’21年)など、話題の映画に出演する女優、石橋静河。映画『前科者』ではこれらの作品で演じた役柄とは正反対の茶髪&ヒョウ柄などのド派手なヤンキーファッションに身を包む役に挑戦。今後目指す女優像や過去の失敗経験など、女優・石橋静河の素顔に迫る。

■「やっちゃいけないことを全部やっている感じ」

「覚悟のいる役だな、とすごく思いました。ビジュアルもかなり、普段の自分から振り切った感じになりますし(笑)」

12月まで放送されていた『前科者−新米保護司・阿川佳代− 』(WOWOW)。その熱きドラマの続きを描く映画『前科者』が公開となる。

保護司とは、犯罪者の更生を手助けする非常勤の国家公務員。佳代(有村架純)が初めて担当した保護観察対象者は、恐喝および傷害罪で懲役2年を経て仮釈放となった斉藤みどり(石橋静河)。

朝ドラ『半分、青い。』(’18年)や『この恋あたためますか』(’20年)、『大豆田とわ子と三人の元夫』(’21年)など、落ち着いた聡明な女性を演じるイメージのあった石橋だが、本作では茶髪&ヒョウ柄などのド派手なヤンキーファッションに身を包む。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.