くらし情報『モグライダーが語る『M-1』秘話「“持っていかれるとしたら錦鯉さんだな”と思ってた」』

2022年1月26日 16:00

モグライダーが語る『M-1』秘話「“持っていかれるとしたら錦鯉さんだな”と思ってた」

モグライダーが語る『M-1』秘話「“持っていかれるとしたら錦鯉さんだな”と思ってた」
モグライダー撮影/北村史成
昨年12月に行われた『Mー1グランプリ』。錦鯉の優勝で幕を閉じたが、大きな爪痕を残したのは“さそり座の女”ネタで歴代トップバッター最高得点(637点)を獲得したモグライダー。コンビ結成13年目にして、決勝は初進出だった2人。ボケのともしげは丸刈り頭&赤ジャケット&半ズボン姿のオドオドキャラ。そこへ的確にツッコむのが、ややガラの悪い武田真治のようなビジュアルの芝。その素顔とは?

■『Mー1』一番手は得だった

――1組目は番組の基準点になるため、高得点が出にくい。なかなか火がつかない年もある中で、モグライダーのネタで一気に場が温まりましたね?

芝「1組目なので実際やっている最中は、受けてるのかどうかもわからなくて。審査員の点数がめくれたとき、1人目の巨人師匠が91点で。そこで“よかったのかな?”とちょっと思いました」

――“出番がもっと後だったら”と思う気持ちは?

ともしげ(以下、と)「うーん」

芝「“何番目に出るのがよかった?”って聞かれたら、一番手で出るのがいちばん僕らとしては得したような気もしていて」

と「確かにね」

芝「暫定席から脱落したときに“もう1本やりたかったな”とはもちろん思いましたが、やり切った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.