くらし情報『中性脂肪やコレステロールを減少させ脳を活性化させる「さば缶・ツナ缶・鮭缶」簡単極うまレシピ』

2022年2月20日 13:00

中性脂肪やコレステロールを減少させ脳を活性化させる「さば缶・ツナ缶・鮭缶」簡単極うまレシピ

目次

・脳にいい成分が缶詰ならお手軽に
・さば缶
・ツナ缶
・鮭缶
中性脂肪やコレステロールを減少させ脳を活性化させる「さば缶・ツナ缶・鮭缶」簡単極うまレシピ
レンチンさばカレー撮影/廣瀬靖士
安くて手軽に使えて、料理にも便利な「缶詰」。今回は、魚の缶詰を使ったアレンジレシピを紹介。美味しくて栄養価も高く、時短料理にも。ぜひ、お試しを!

脳にいい成分が缶詰ならお手軽に

「人の名前が思い出せない」「しようとしていたことを忘れる」……。加齢とともに、誰にでも起こる物忘れの症状。ひょっとして認知症の始まりでは、と不安を感じることも。そこで注目したい成分が必須脂肪酸といわれる「DHA」や「EPA」。

DHA、EPAという栄養素は、青魚の脂に多く含まれていて、記憶力や判断力などの認知機能を維持、向上する働きがあることが知られている。さらに、血液をサラサラにしたり、中性脂肪やコレステロールを減少したりする効果もあるという。

これらの栄養素は、人の体内では作り出すことができないため、食事で積極的に補うことが大切。

「そこでおすすめなのが、さばやツナ、鮭などの魚の缶詰です」とは、栄養士で料理研究家の落合貴子さん。

「缶詰は、獲れたての新鮮な状態で加工されているので栄養価が高く、薄味で保存料無添加なものが多いんです。加熱ずみなので下処理なども不要で、気軽に利用することができます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.