くらし情報『東出昌大、事務所の“非情な追い出し”にみる「中森明菜が受けた引退勧告」との共通点』

2022年2月20日 20:00

東出昌大、事務所の“非情な追い出し”にみる「中森明菜が受けた引退勧告」との共通点

目次

・タレントに非情な事務所のレッテル
・事務所社長があえて名前を出してコメントした“愛情”
東出昌大、事務所の“非情な追い出し”にみる「中森明菜が受けた引退勧告」との共通点
東出昌大、中森明菜
東出昌大が所属していた芸能事務所『ユマニテ』を2月14日付で退所していたことが明らかになった。

退所にあたって所属事務所の出したコメントには“契約終了”とあったが、その内容と状況からみて、東出が“クビ”になったと感じる向きもある。『東出昌大についてお知らせいたします』というタイトルの付いた声明文には、唐田えりかとの不倫、そして元妻・杏との離婚後も支え続けてきたがゆえの、複雑な思いが込められている。

《昨年秋、東出の配慮に欠ける行動でその再生への道は頓挫いたしました。その時私たちが感じたものは怒りというよりも、徒労感と虚しさでした。そして熟慮の末に、これ以上共に歩くことはできないという結論に達しました》

“昨年秋”とは、『週刊文春』に報じられた「ロケ現場の広島にハーフ美女を呼びつけていた」ことであるが、この文面からは怒り以上の何かを読み手に感じさせる。

これまで、不祥事を起こして契約解除になった芸能人は数あれど、退所発表で事務所がここまで感情を顕にしたケースはほとんどない。

事情は異なるが、唯一思い出されるのは、中森明菜のケースだ。1999年11月、明菜が所属していたレコード会社『ガウスエンタテインメント』の斎藤至廣社長(当時)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.