くらし情報『「あさま山荘事件」を機にヒット!販売休止に“謎肉”の正体、500億食超え『カップヌードル』の挑戦』

2022年2月23日 06:00

「あさま山荘事件」を機にヒット!販売休止に“謎肉”の正体、500億食超え『カップヌードル』の挑戦

目次

・「あさま山荘事件」で一躍有名に
・話題呼んだ“謎肉”、その正体は……
「あさま山荘事件」を機にヒット!販売休止に“謎肉”の正体、500億食超え『カップヌードル』の挑戦
日清食品のカップヌードル
今や国民的インスタント食品といえる『カップヌードル』。発売当初、低迷していた売り上げを救ったのは、意外な人たちだった。「どうして“ラーメン”ではなく“ヌードル”?」「インスタントは身体に悪い!?」など日清食品広報が語る『カップヌードル』の“イロハ”。

「あさま山荘事件」で一躍有名に

「あさま山荘事件」が起こったのは1972年2月。連合赤軍の残党5人が軽井沢の保養所『浅間山荘』に人質をとって立てこもり、民間人を含む多数の死傷者を出した日本の犯罪史に残る大事件だ。

山荘に打ち込まれる鉄球に、銃で応戦する連合赤軍、搬送されていく負傷者、強行突入する機動隊─。10日間にわたり続いた攻防戦の模様は連日テレビで生放送され、平均視聴率50・8%、最高視聴率は前代未聞の89・7%を記録した。

この衝撃的な事件は人々の目を釘付けにし、同時にあるひとつのヒット商品を生んだ。日本の国民食として今やおなじみ、日清食品の『カップヌードル』である。

「当時、日清食品では警視庁の第1から第6機動隊の全部隊に『カップヌードル』を供給していました。出動に伴う非常用食料としても利用されていたんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.