くらし情報『年収220万円から資産5億円へ!“億女”が実践する、「お金の神様」に好かれる3つの習慣』

2022年3月6日 11:00

年収220万円から資産5億円へ!“億女”が実践する、「お金の神様」に好かれる3つの習慣

目次

・流産、リストラ、お金がない20代
・未来志向でお金を貯める習慣を作る
・お札を使うときは「ありがとうございます」
・逃げ出していくお金を呼び戻す
・税金にも節約できる部分アリ
・ムダな引き出し手数料を取られないために
年収220万円から資産5億円へ!“億女”が実践する、「お金の神様」に好かれる3つの習慣
熊谷さんの貯金箱。
ムダ使いしているワケじゃないのにちっとも貯まらない。「それって、お金の神様に避けられてますねえ」“億女”熊谷和海さんは指摘する。京都人らしい生活の慎ましさに加え、開運に結びつく考え方を日々実践してきたという。大金ゲットできるなら、これはもう、まねするしかないでしょ!

流産、リストラ、お金がない20代

「25歳で子どもを授かったのに流産で入院し、その流れでリストラ。貯金は増えない、通帳を見たらお金はすっからかん。一生懸命働いてきたのにキャリアはつかめず、何がいけなかったんだろうと悩みました」と話すのは、ビジネスコンサルタントの熊谷和海さん。当時は年収220万円がやっとだった。

そんなときに思い出したのが、出身地・京都のおばあちゃんたちの金運を上げる習慣。資産家や商売人だったおばあちゃんたちは、子どもの熊谷さんにお金の大切さについて、たびたび語っていた。

「おばあちゃんたちは『お金の神様』がお金とのご縁を結んでくれるといい、お金が出入りするたびに感謝していた。それなのにこれまで自分はお金に敬意や注意を払っていなかったことに気づいたんです。そのころの私は収入以前に、ストレス発散やどうでもいいものを買い、散財してお金を全然大切にしていませんでした」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.