くらし情報『木村拓哉も15年間実践!キムタク家の朝食に学ぶ「納豆ごはん」“最強”の食べ方』

2022年3月19日 11:00

木村拓哉も15年間実践!キムタク家の朝食に学ぶ「納豆ごはん」“最強”の食べ方

目次

・凡人にはマネできない、こだわりの納豆ごはん
・「朝ごはんの定番」は古い常識!?
木村拓哉も15年間実践!キムタク家の朝食に学ぶ「納豆ごはん」“最強”の食べ方
見習いたい!木村家の納豆朝ごはん
日本人のソウルフード「納豆」。今や健康管理に欠かせない“発酵食品”であり、何より安くて手軽なのが魅力。とはいえ食べ方はワンパターンになりがちだ。

飽きずにおいしく食べるためのコツを、フードコーディネーターの八木佳奈さんに聞いてみると、

「おすすめは“クサいもの”と合わせること。納豆はニオイが強いので、あえてニオイの強い食品と合わせるとマッチします」

キムチやナンプラー、チーズなど、クセの強い食材が合うという。これらの共通点は、納豆と同じ“発酵食品”であること。

「納豆×発酵食品の組み合わせは、腸活の観点からも、激推ししたい食べ方」

そう断言するのは、管理栄養士の森下久美子さん。

「発酵食品に含まれる乳酸菌が納豆菌をエサにしてパワーアップ。悪玉菌の増殖を抑えて善玉菌を増やし、腸内バランスを保ちます」(森下さん、以下同)

凡人にはマネできない、こだわりの納豆ごはん

そんな最強な食べ方、“納豆×発酵食品”のお手本ともいえるのが、納豆好きを公言するキムタクこと木村拓哉の朝食だ。

過去に『家事ヤロウ!!!』(テレビ朝日系)で“15年間食べ続けている”納豆ごはんの食べ方を披露し、紹介された納豆がその後飛ぶように売れたというエピソードも。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.