くらし情報『「紀子さまは悠仁さまの東大進学にこだわりはない」と関係者が断言も、秋篠宮家に美智子さまが抱く“歯がゆさ”』

2022年3月18日 05:00

「紀子さまは悠仁さまの東大進学にこだわりはない」と関係者が断言も、秋篠宮家に美智子さまが抱く“歯がゆさ”

目次

・美智子さまにとって思い出の「西向きの窓」
・紀子さまに「東大へのこだわりはない」
・「一般の家庭でも、そんな完全な自由はない」
「紀子さまは悠仁さまの東大進学にこだわりはない」と関係者が断言も、秋篠宮家に美智子さまが抱く“歯がゆさ”
美智子さまと秋篠宮さまと悠仁さま
「この4月、上皇ご夫妻は現在のお住まいである仙洞仮御所から、赤坂御用地内にある旧赤坂御所へ引っ越されます。上皇ご夫妻にとって旧赤坂御所は、’63年から’90年まで住まわれた思い出の地。今後は上皇の住まいを表す『仙洞御所』に改称されます」(皇室担当記者)

仮御所に移られたのは、’20年3月。当初、仮住まい期間は1年半以内を予定していたが、コロナ禍の影響もあり、引っ越しは後ろ倒しに。

美智子さまにとって思い出の「西向きの窓」

「この間、高齢のご夫妻のためにエレベーターが設置されるなどのバリアフリー化が施されました。居住空間は3月中に完成しますが、すべての工事が終わるのは5月から6月ごろになるとみられます」(同・前)

約2年間、おこもり生活を継続されてきた上皇ご夫妻。起床や就寝、食事の時間は定時で、音読と散策を日課とされる規則正しい生活をされている。

「ただ、住まいや庭が手狭な仮御所での生活は、多少なりとも窮屈に感じておられたかもしれません。広々とした赤坂御用地での生活を、心待ちにされていることでしょう」(宮内庁関係者)

皇室を長年取材するジャーナリストで、文化学園大学客員教授の渡邉みどりさんは、こう話す。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.