くらし情報『朝ドラ『カムカムエヴリバディ』恋愛・結婚・出産・別れ、笑顔と涙の“響く”名セリフ集』

2022年3月22日 06:00

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』恋愛・結婚・出産・別れ、笑顔と涙の“響く”名セリフ集

目次

・【安子編】
・【るい編】
・【ひなた編】
朝ドラ『カムカムエヴリバディ』恋愛・結婚・出産・別れ、笑顔と涙の“響く”名セリフ集
連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』NHK総合月曜~土曜朝8時~ほか
安子、るい、ひなたとバトンをつないできたNHKの連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』もいよいよ佳境へ。恋愛、結婚、出産、別れ……といろいろありました。そんな3世代のヒロインたちのこれまでを、笑顔と涙の名セリフとともにプレーバック!

【安子編】

第1週

「メイ アイ ライト ア レター トゥ ユー?」

稔(松村北斗)との出会いでラジオ英語講座に夢中になると同時に、恋心を抱くようになった安子(上白石萌音)。そんな稔が夏休みを終えて大阪の大学に戻ることを知った安子が、“手紙を書いていい?”と英語で思い切って告白。2人はここから急接近していった

第2週

「わし今年が最後の夏なんじゃ。諦めん、甲子園も……あんこも!」

稔が安子の両親に交際を認めてもらおうとするも、許してもらえなかったことを知った勇(村上虹郎)。すると、稔とキャッチボールをしながら、自分も安子が好きと宣戦布告ともいえる決意の言葉を

第3週

「どこの国の音楽でも、自由に聴ける。自由に演奏できる。僕らの子どもには、そんな世界を生きてほしい。ひなたの道を歩いてほしい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.