くらし情報『【上野動物園開園140周年】知ってた?“お値段”、ホッキョクグマは1億円越え、ライオンは仰天の価格!』

2022年3月19日 08:00

【上野動物園開園140周年】知ってた?“お値段”、ホッキョクグマは1億円越え、ライオンは仰天の価格!

目次

・人気者パンダをめぐる上野動物園の“懐事情”
・高騰する動物の国際市場価格アップの原因はあの国!?
・買えないのなら増やす苦肉の策で乗り切る!?
・変わりゆく時代の中で考えるこれからの動物園
【上野動物園開園140周年】知ってた?“お値段”、ホッキョクグマは1億円越え、ライオンは仰天の価格!
今年で140周年を迎える上野動物園
1882年3月20日に開園し、今年で140周年を迎える東京都恩賜上野動物公園。通称、上野動物園。都心にありながら、約300種3000点の動物を飼育し、日本でトップクラスの規模を誇る動物園だ。

季節を問わず、家族連れやカップルでにぎわう動物園だが、あの動物たちはいくらで買いつけている?エサ代は?など知らないことも数多い。そこで、動物園の素朴なギモンを、体感型動物園・iZooの園長で『動物の値段』の著者でもある白輪剛史さんに直撃取材!ただ見ているだけではわからない動物園の裏側に迫ります。

人気者パンダをめぐる上野動物園の“懐事情”

上野動物園といえば、いちばん人気は、やはりパンダ。1972年に国交正常化を記念して中国から贈られた、カンカンとランランのときから園の“主役”として注目を集め続けている。

昨年の6月、シャオシャオとレイレイの双子を産んだシンシン。父親のリーリーとともに、実は中国から“借りている”状態なのだ。

「そのお礼として、中国の野生動物保護基金に寄付金を送っています。“寄付”という名目になっていますが、実質はレンタル料ですね(笑)」(白輪さん、以下同)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.