くらし情報『木村拓哉、安倍晋三、某女優も「下品な食べ方」で赤っ恥!有名人の“汚食事王”は?』

2022年3月26日 06:00

木村拓哉、安倍晋三、某女優も「下品な食べ方」で赤っ恥!有名人の“汚食事王”は?

目次

・食事は相互の思いやり!
・一流有名人たちの残念食事スタイル図鑑
・「むしろアウト!」なマナー10選
木村拓哉、安倍晋三、某女優も「下品な食べ方」で赤っ恥!有名人の“汚食事王”は?
イラスト/TORU
食べ方には育ちや品性、人柄までも出る!むかえ舌や犬食いなど見た目の汚い食べ方、大人は絶対やっちゃダメ!!気取ったつもりの勘違い所作や飲食店側が困惑する下品な注文例など、知っておきたいドン引きな食べ方&NGマナーをご紹介。

食事は相互の思いやり!

大人でも見た目が汚い食べ方をする人は少なくない。“その根底にあるのは、自分本位な気持ち”と語るのは、マナー講師として数多くのメディアに出演する西出ひろ子先生だ。

「そもそもテーブルマナーというのは、食卓を囲む人同士が気分よく時間を過ごすための気遣い。そして食事を提供してくれた方への感謝の気持ちを込める行為でもあります。形式がどうこうということでなく、楽しくおいしそうに、残さずキレイに食べるのがマナーだと思います」

確かに“マナー”というと茶道の所作のような堅苦しさをイメージしがちだ。

「もちろん、一部のマナーには伝統文化的要素も入っていますが、マナーには年代や地域によって変化が生じるものもあるので、あまりそれ自体にとらわれなくて大丈夫ですよ」(西出先生、以下同)

その代表例が、フォークの背にのせて口に運ぶマナー。

「最近ではフォークの腹にのせるのが正解といわれていますが、それはフランス式。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.