くらし情報『『鶴瓶の家族に乾杯』長寿番組が続々打ち切りの中、生き残った理由に「NHK受信料の取り立て役」』

2022年3月21日 19:00

『鶴瓶の家族に乾杯』長寿番組が続々打ち切りの中、生き残った理由に「NHK受信料の取り立て役」

小野アナといえば、『ガッテン!』の司会も長年担当しているが、前述のように『ガッテン!』は先月、最終回を迎えた。もし『家族に乾杯』もなくなれば、小野アナのテレビのレギュラー番組がなくなってしまうことになる。

「小野アナウンサーはふたつの番組が長年続いた功労者のひとり。2020年に、その功績などが認められてNHKのアナウンサーとしては最高位の『エグゼクティブ・アナウンサー』に昇格しています。

また、地方の放送を強化するというNHKの方針で、小野アナは来月から故郷の広島放送局に異動して中国地方向けの番組を担当しますが、『家族に乾杯』の司会は続けるようです。

収録のたびに上京することになりますが、それほどNHKが小野アナを大事に考えているということだと思います」

25年以上司会を続けているふたつの番組を小野アナウンサーから同時に奪うのは、さすがに酷と考えたのかもしれない。

小野アナウンサーの存在以外にも、打ち切りにしづらいワケが『家族の乾杯』にある。それは、この番組が「貴重な番宣番組」だからだ。

“番宣番組”と“取り立て役”

「大河ドラマや朝ドラといったNHKのドラマは、舞台になっている地域のみなさんの協力が不可欠です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.