くらし情報『『鶴瓶の家族に乾杯』長寿番組が続々打ち切りの中、生き残った理由に「NHK受信料の取り立て役」』

2022年3月21日 19:00

『鶴瓶の家族に乾杯』長寿番組が続々打ち切りの中、生き残った理由に「NHK受信料の取り立て役」

自分が映れば放送が気になるし、鶴瓶やゲストと話をすればスタッフからその場で連絡先を聞かれ、後日、名前や年齢確認の電話がきたりする。

もし鶴瓶やゲストを家に上げでもしたら、その日いなかった家族のインタビューをスタッフが改めて撮りにくることも。

ロケ地はしばらく『家族に乾杯』の話題でもちきりだ。当然、番組を見る機会は増えるだろうし、番組が終わってニュースが始まってもチャンネルを変えないことだってあったはずだ。NHKを見る時間が増え、不信感が少しずつ薄らいでいった人もいるだろう。

実際、週1回の放送になった翌年の2006年以降から徐々に未払いは減り、2015年には不祥事前と同じ水準の77%に支払い率は戻った。受信料の未払いが多いところにロケに行くという、受信料取り立て役としての「ウラ使命」が番組にあったとしてもおかしくはない。

NHKにとって、簡単には打ち切りにできないしがらみがある『鶴瓶の家族に乾杯』。この番組が放送終了になったときが、NHKの本当の「改革」なのかもしれない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.