くらし情報『木下優樹菜、藤本敏史から「慰謝料もらう立場」の背景に“モラハラ”被害者意識の過去』

2022年3月22日 18:00

木下優樹菜、藤本敏史から「慰謝料もらう立場」の背景に“モラハラ”被害者意識の過去

目次

・離婚の原因はフジモンの“背信行為”か
・夫の言動を“モラハラ”と感じた
木下優樹菜、藤本敏史から「慰謝料もらう立場」の背景に“モラハラ”被害者意識の過去
木下優樹菜、藤本敏史
3月20日に自身のインスタグラム「ストーリーズ」を更新した木下優樹菜。ファンによる《子どもたちがお母さんのところにいるにはそれなりの理由があると思ってます》の投稿に対して「シンプルにそゆことです」と答えたことを、同日配信のWeb版『デイリースポーツ』が報じている。

「24時間で消える“ストーリーズ”だけに、現在はユッキーナの発言を再確認できませんが、先の“慰謝料”発言に重ねてみせた形。一部では養育費との勘違いや言い間違えも指摘されましたが、彼女は本当に“もらう立場”だったのか」(ネットニュース・ライター)

木下の“慰謝料”発言とは3月17日、写真集『CORRECT』発売会見を開いた夜に同じくストーリーズにて、《今旦那さんの発言により一人歩きしている学費だったりの件について》と、元夫の“フジモン”こと『FUJIWARA』の藤本敏史に反論したもの。

3月13日に『もんくもん』(読売テレビ)に出演したフジモンは、子どもの養育費を聞かれて《学費は…、学費も僕が全部(払っている)》と告白。養育費に加えて学費も全て払っている、とも捉えられる発言がネットニュースとして記事になっていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.