くらし情報『小林麻耶の“海老蔵ディスり”が超次元化、「麗禾勸玄は姉の元で育つのが一番」ブログに登場したのは…』

2022年3月25日 11:50

小林麻耶の“海老蔵ディスり”が超次元化、「麗禾勸玄は姉の元で育つのが一番」ブログに登場したのは…

小林麻耶の“海老蔵ディスり”が超次元化、「麗禾勸玄は姉の元で育つのが一番」ブログに登場したのは…
小林麻耶
《皆様今日は姉のブログに来てくださりありがとうございました。生前は多大なるご支援を賜りまして心より感謝申し上げます。》

3月24日の深夜、小林麻耶が【お手紙を預かりました】とのタイトルで自身のブログを更新。彼女に手紙を託したとされるのは、麻耶のことを“姉”と呼ぶ“人物”ーー。

連日にわたって義弟・市川海老蔵への口撃を続けている麻耶。始まりは3月10日、ブログで國光吟氏との離婚を公表してからだった。スポーツ紙芸能デスクが経緯を解説する。

「この日、國光氏が句読点を一切使わない4000字以上にわたる文章を公開しては、離婚を“紙切れ上の話”として夫婦仲は円満であることを強調。一方で"堪忍袋ももうきれそう”と海老蔵への不信と不満をぶちまけたのです。思えば、あれが“宣戦布告”だったのでしょう」

そして3月21日、麻耶の言動はエスカレートする。國光氏のYouTubeチャンネルに登場すると、妹・小林麻央さんの闘病時における海老蔵の姿を暴露し始めた。

「彼は麻央さんの病室で“え、何すればいいの?ちといられないんだけど。帰るわ”と帰ったこと、また麻耶さんとそのご両親の前で“競馬新聞を開き、競馬を見ながら楽しんでいた”と、本当のことであれば人間性が疑われるような話。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.