くらし情報『愛子さま、天皇になられる可能性は“ゼロ”でも「悠仁さまの相談役」就任への期待』

2022年4月1日 04:00

愛子さま、天皇になられる可能性は“ゼロ”でも「悠仁さまの相談役」就任への期待

目次

・ユーモアあふれるご回答
・「悠仁さま派」と「愛子さま派」
・愛子さまが「うれしかった」
愛子さま、天皇になられる可能性は“ゼロ”でも「悠仁さまの相談役」就任への期待
成年会見を行われた愛子さま(’22年3月17日)
「3月24日、宮内庁の西村泰彦長官は定例会見で、愛子さまの成年にあたっての記者会見と悠仁さまの卒業式の日程が重なったことは“ミスだった”という説明をしました。愛子さまの会見の日取りを調整する過程で、悠仁さまの卒業式のことが思い浮かばなかったといい、“できれば別の日がよかった”とも吐露しました」(皇室担当記者)

くしくも重なった、愛子さまと悠仁さまの“晴れ舞台”。

「3月17日の午前8時過ぎ、秋篠宮ご夫妻と悠仁さまがお茶の水女子大学附属中学校に到着されました。卒業式に臨む前、悠仁さまは“充実した3年間になった”と、コメントされました」(同・前)

ユーモアあふれるご回答

愛子さまの初会見は、同日の午後2時過ぎから行われた。

「前日の深夜に福島県沖を震源とする大きな地震が起こり、東北を中心に死者やけが人が出ました。両陛下と愛子さまは、地震による国民の安否を案じられており、会見を中止するべきか悩まれていたそうです」(宮内庁関係者)

開始直前まで関係者と相談したうえで決行した会見。冒頭で被災者へのお見舞いの言葉を述べられた。宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下晋司さんは、こう振り返る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.