くらし情報『木下ほうかが性加害を謝罪も、続く「ほうか牧場」への怒りと芸能界追放の危機』

2022年3月30日 16:00

木下ほうかが性加害を謝罪も、続く「ほうか牧場」への怒りと芸能界追放の危機

木下ほうかが性加害を謝罪も、続く「ほうか牧場」への怒りと芸能界追放の危機
『ようこそ!!ワンガン夏祭りTHEODAIBA2018』制作発表に出席した木下ほうか
「牧場」の持つ牧歌的で生産的な意味とはまったく違う、心底ぞっとする言葉。アンジャッシュ・渡部建(49)の“多目的トイレ不倫”も不快だったが(多目的トイレという名称は、その後変更になった)、それを凌駕する不快さ。

「君も『ほうか牧場』の一人なんでしょ?」

週刊文春3月31日号が報じた俳優の木下ほうか(58)の若手女優蹂躙(じゅうりん)騒動。被害者の女性が、ある日、男性の映画監督にそう言われたという。

木下も最低だが、映画監督も最低。同罪だ。

「木下君が君とヤったって言ってたよ」

前述の言葉に続け、監督は被害女性にそう言い放ったという。それを言われたときの若手女優のくやしさが想像できる。

やり直しのチャンスはあっても芸能界は永久追放

スポーツ紙女性記者は怒り心頭だ。

「その会話から透けて見えるのは、木下が複数の女性と交際しているということ。そしてその女性たちを、自分の牧場に家畜のように飼っているという意識。さらに彼女たちとの“関係”を、自慢げに映画監督に漏らしている点。酒の肴のつもりなのか、そんな場面が容易に想像できて、本当に汚らわしい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.