くらし情報『100円ショップのアイテムを“450円”で出品! 主婦「転売ヤー」の危うい手口とリアルな儲け額』

2022年4月14日 08:00

100円ショップのアイテムを“450円”で出品! 主婦「転売ヤー」の危うい手口とリアルな儲け額

目次

・ガンプラ、ポケモンカードで主婦がボロ儲け
・有名銘菓も転売のターゲットに
100円ショップのアイテムを“450円”で出品! 主婦「転売ヤー」の危うい手口とリアルな儲け額
※写真はイメージです
品薄な商品を高値で売りさばく“転売ヤー”(商品を転売する人)の横行。100円ショップのアイテムや人気の手土産品までが買い占められ、オークションサイトやフリマアプリなどに出品される。副業意識で手軽に始める人が多いが法的にはグレーだ。コロナ禍で主婦層も一挙に参戦。やり口や儲けの額を聞いた。

転売ヤーが世の中を騒がせている。そもそも転売ヤーとは、購入した商品を転売して利益を得る人のことだが、それ自体は違法ではない。ただし、チケットを高額で転売する「ダフ屋」行為は違法で、迷惑防止条例やチケット不正転売禁止法に抵触する。また、転売目的で購入した商品を“継続的に”“ビジネス目的で”販売するには古物営業の許可が必要となる。

つまり常習的に無許可で転売をし続ければ違法。しかし、利益を目的に繰り返し転売をしているかどうかの判断は難しいため、法的にグレーゾーンの転売が横行しているのが現状だ。

最近、タレントの伊集院光が、ラジオ番組で

「1億総転売ヤーの時代。ガンプラ興味ない主婦とかも買って売っている」

とコメントし、反響を呼んだ。少し説明すると、ガンプラとは、アニメ『機動戦士ガンダム』のプラモデルのこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.