くらし情報『《渋谷・ホームレス殴殺事件の被告は自殺か》石を詰めたペットボトルで撲殺された被害者の無念』

2022年4月16日 05:30

《渋谷・ホームレス殴殺事件の被告は自殺か》石を詰めたペットボトルで撲殺された被害者の無念

目次

・景観を壊す“異物”に見えたのか
・人の助けはいらない
《渋谷・ホームレス殴殺事件の被告は自殺か》石を詰めたペットボトルで撲殺された被害者の無念
現場のバス停には花が。ベンチは狭く仕切りもあるので横になれない(事件直後に撮影)
「びっくりしました。被告が亡くなったこともそうですが、あんな酷い殺人をしておきながら保釈されていたとは……」

被告の自宅近くの住民はそう語った。

’20年11月、東京都渋谷区のバス停でホームレスの大林三佐子さん(当時64)が、何者かに殴られて死亡するという事件が起きた。事件発生から5日後、現場近くの酒店の一人息子・吉田和人被告(48)が最寄りの交番に母親とともに出頭。

「犯行前日に“お金をあげるからどいてほしい”と頼んだが、断られた。腹が立ったので、石を詰めたペットボトルで殴ったが、こんな大事になるとは思わなかった」

と供述。吉田被告は傷害致死の疑いで逮捕されたのだ。被告の一家は祖父母の代から続く老舗酒屋で、マンションやアパートも所有する資産家でもあった。被告宅の近隣住民によると、

「彼は中学校で不登校になって以来、ひきこもりになってしまった。20歳ぐらいで一度就職したが、すぐに辞めて……。それでも事件を起こす数年前、常連さんへの配達をしていた父親が亡くなって一人で酒店を切りもりする母親の手伝いはしていた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.