くらし情報『美智子さま「半袖で寒くないかしら」“魂の交流”再開で、紀子さまが焦燥する「秋篠宮家と国民との溝」』

2022年4月20日 05:00

美智子さま「半袖で寒くないかしら」“魂の交流”再開で、紀子さまが焦燥する「秋篠宮家と国民との溝」

目次

・100人以上が沿道に
・妊婦に対してお心遣い
・焦燥される紀子さま
美智子さま「半袖で寒くないかしら」“魂の交流”再開で、紀子さまが焦燥する「秋篠宮家と国民との溝」
葉山御用邸に到着して間もなく、裏手の海岸を散策された上皇さまと美智子さま(4月12日)
「押さない、駆けない、物を投げない、飛び出さない。頭文字を取った“オカモト”を守ってください!」

夏を先取りした陽気となった4月12日の正午。神奈川県にある『葉山御用邸』の正門付近では、私服姿の男性警察官がそう声を張り上げていた。上皇ご夫妻はこの日、約2年間住まわれた仮御所を後にし、葉山御用邸へ入られた。

100人以上が沿道に

「2週間静養された後、4月26日に赤坂御用地の『仙洞御所』へ引っ越されます」(皇室担当記者)

前回、葉山に滞在されたのは’20年3月。お代替わりに伴って皇居から仮御所へ荷物が運搬される間、一時的にお過ごしになった。

「新型コロナの感染拡大が本格化し始めたころでした。葉山では、皇室の方々を歓迎するために警察が“奉迎エリア”をつくったり、ご通過の時間を住民に知らせたりします。
しかし、このときは上皇ご夫妻がいらっしゃるタイミングを公表せず、沿道に人だかりができないように配慮しました」(同・前)

ご静養中も、徹底的に外出を控えられた。

「葉山御用邸にいらした際、上皇ご夫妻は裏手の海岸を必ず散策されますが、この年は1度もお見かけしませんでした」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.