くらし情報『『月曜から夜ふかし』がまたも…“埼玉の未来書いた”小学生の作文を否定するイジり演出が物議』

2022年4月19日 17:30

『月曜から夜ふかし』がまたも…“埼玉の未来書いた”小学生の作文を否定するイジり演出が物議

目次

・“埼玉愛”を作文にした少女が登場
・マツコも思わず爆笑するが
・作文コンクール主催者の見解は
『月曜から夜ふかし』がまたも…“埼玉の未来書いた”小学生の作文を否定するイジり演出が物議
村上信五、マツコ・デラックス
4月18日に放送された『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)での演出をめぐって、またもやネット上で物議を醸している。

『月曜から夜ふかし』といえば、佐藤賢治がナレーションをするVTRを鑑賞しながら、関ジャニ∞の村上信五とマツコ・デラックスがスタジオでトークを繰り広げる人気番組。主にVTRに登場するのは全国各地の一般人で、時に個性が強い“素人”にクローズアップしては面白おかしく“イジる”番組でもある。

そのためか、番組での演出方法が問題視されることも多々あった。週刊女性PRIMEでも2019年11月、【『月曜から夜ふかし』の“名物素人”が怒りの告発! スタッフから受けてきた「悪意の数々」】として、番組に出演した男性とスタッフの間に起きた、演出をめぐるトラブルを報じている。

「他にも番組ディレクターやスタッフによる、企業、また一般人への失礼な態度や取材方が目につき、ネット上で炎上することもしばしば。それが面白くさるためにワザと、つまりは“炎上狙いではないか”との指摘もなされるほどで、村上さんやマツコさんがV(TR)を見て、“やりすぎ”と苦言を呈することもありました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.