くらし情報『『月曜から夜ふかし』がまたも…“埼玉の未来書いた”小学生の作文を否定するイジり演出が物議』

2022年4月19日 17:30

『月曜から夜ふかし』がまたも…“埼玉の未来書いた”小学生の作文を否定するイジり演出が物議

また企画した主催者側にとっても、多くの応募作品の中から入選に値すると選出した作品だ。その背景を省みると、扱い方に全く問題がなかった、とは言えない気も……。

作文コンクール主催者の見解は

少女の作品を評価した、“主催者”の埼玉県庁県民公聴課に経緯を聞いた。

「私どもが聞いていますのは○○さん(少女の名前)の作品を紹介したいということで、冒頭の“(コンクールの)募集要項を映像の背景として使わせてほしい”とのご依頼が(番組側から)あったので、それは“いいですよ”と許可しました。

○○さんご本人と、保護者に対して“了承を得ているのか”を聞きましたところ、“それは取れています。本人の取材は事前に取れています”ということはお伺いしていました」

では、まるで作文を否定するかのような、“イジる”ような演出は事前に承知していたのだろうか。

「いえ、ご本人には取材、了承は取れているとのことだったので、その先(番組内容や使われ方)に関してはこちらでは把握しておりませんでした。(演出に関しては)番組ですので、多少は面白おかしくする部分はあるのかなとは思うのですが……」(同・埼玉県庁県民公聴課)

子どもが描く未来を、大人が笑いものにするのはいかがなものか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.