くらし情報『「カニカマ」は栄養の塊、高たんぱく&低脂質、コスパも最高!“赤”が映えるアレンジレシピ15品』

2022年4月24日 07:00

「カニカマ」は栄養の塊、高たんぱく&低脂質、コスパも最高!“赤”が映えるアレンジレシピ15品

目次

・高たんぱくなカニカマ料理15品
・カニカマを使った主菜4品
・カニカマを使ったおつまみ4品
・カニカマを使ったスープ3品
・カニカマを使ったあえもの4品
「カニカマ」は栄養の塊、高たんぱく&低脂質、コスパも最高!“赤”が映えるアレンジレシピ15品
カニカマ
カニの風味を手軽に楽しめるカニ風味かまぼこ・通称カニカマ。コスパのよさだけでなく、近年はヘルシー食材としても注目度が高まっている。

高たんぱくなカニカマ料理15品

「白身魚のすり身が原料なので、手軽にタンパク質を補給できますし、脂質は他の練り製品よりも少なめ。高たんぱく・低脂質な食材として、ダイエットのサポートにも役立ちます」

と教えてくれたのは、料理家兼管理栄養士の新谷友里江さん。さらに、タンパク質以外の栄養素もかなり優秀。

「カルシウムも豊富で、牛乳よりも多い。さらに、カルシウムの吸収を高める働きのあるビタミンDも含まれているので、骨粗しょう症予防にも効果的です。ビタミンDは筋肉中のたんぱく質の合成を促す働きもあり、強い筋肉を作る作用も期待できます」

ただし、食べ方には注意点が。

「一度にたくさん食べると、塩分過多につながる可能性も。1食あたり多くても3本ぐらいまでを目安に食べるのがおすすめです」

メニューでは、サラダや中華料理のイメージが強いが、もっと幅広く使えると新谷さん。

「和洋中問わず合わせやすいです。塩分多めと言ってもそれほど塩っぱくならないので、味付けは普段通りで大丈夫」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.