くらし情報『家賃5万円から3億円の豪邸に!億の資産を持つ“億女”が明かす、おカネに好かれる「絶対ルール」』

2022年5月9日 06:00

家賃5万円から3億円の豪邸に!億の資産を持つ“億女”が明かす、おカネに好かれる「絶対ルール」

目次

・人相学と美容、好きなことを仕事に
・しっかり眠り、朝はウォーキング
・金運をよくするには「顔と玄関」が大事
・無駄な買い物は避ける
家賃5万円から3億円の豪邸に!億の資産を持つ“億女”が明かす、おカネに好かれる「絶対ルール」
日本開運学協会理事兼家元で開運福顔の専門家の木村れい子さん(撮影/渡邉智裕)
億の資産を自力で作り上げた女性たち。投資などお金の勉強を常にしていることに加え人との縁や時間の使い方を大切にしているのが共通点。「おカネに使われず、好かれなさい」――金運を上げ続ける生き方、暮らし方のコツを聞いた。

人相学と美容、好きなことを仕事に

「子どものころから人相学や観相学に興味があって。顔を大事にしたら幸せになれるんじゃないかと思っていました。そこから今の仕事につながったんです」と話す木村れい子さん。神奈川県で3億円の邸宅に住んでいる億女である。

木村さんは、小さいころから身体が弱く、肌は土色でボロボロのアトピー体質。いちばん楽しいはずの青春時代に、肌にコンプレックスを抱え過ごした。皮膚科の医師に「肌がきれいになることはない」と言われたことも。

「でも根がポジティブなのよね(笑)。観相学を調べて、私は鼻が低いけれど丸いから金運がいいとか、自分のいいところを見つけるようにしていました」(木村さん、以下同)

「運のいい顔」をつくれば考え方も変わり、運を呼び込めると考え、スキンケアやメイク、マッサージなどさまざまな美容法を学んでいった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.