くらし情報『大泉洋「♯全部大泉のせい」でついに国民の“嫌われ者”に!エンタメ界のど真ん中で見せる磁力』

2022年5月1日 18:00

大泉洋「♯全部大泉のせい」でついに国民の“嫌われ者”に!エンタメ界のど真ん中で見せる磁力

目次

・「♯全部大泉のせい」がトレンド入り
・受験失敗からの転機
・盟友も仕事仲間も妻も“引き寄せた”
大泉洋「♯全部大泉のせい」でついに国民の“嫌われ者”に!エンタメ界のど真ん中で見せる磁力
大泉洋
これまで善人役が大半だった大泉洋(49)が憎まれ役を演じている。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(日曜午後8時)での源頼朝役のことだ。

「♯全部大泉のせい」がトレンド入り

頼朝はプライドが高く、自分勝手で女好き。おまけに冷淡で、自分のために尽くした上総広常(佐藤浩市)や敵意のない木曽義仲(青木崇高)を討ち取り、自分の長女・大姫(落井実結子)と婚約させた義仲の息子・義高(市川染五郎)まで容赦なく殺す。

これでは視聴者も黙っていない。広常が絶命した第15話(4月17日)の放送終了後には「♯全部大泉のせい」がツイッターでトレンド入り。大泉は国民的嫌われ者になってしまった。

もっとも、大泉自身はしたり顔だったはず。歴史上で屈指のダークヒーローである頼朝は愛されてはいけないのだ。

大泉は現在、フジテレビの月9『元彼の遺言状』にも準主演で登場中。こちらは慣れた善人役である。気の良い推理作家志望の青年・篠田敬太郎に扮している。

一方でNHKの看板音楽番組『SONGS』の進行役も務め、一昨年と昨年の『NHK紅白歌合戦』では白組司会と司会をそれぞれ任せられた。エンタメ界のど真ん中にいる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.