くらし情報『渡辺裕之さんと原日出子に起きていた夫婦の“異変”と、漏らしていた「常に将来が不安」』

2022年5月9日 21:00

渡辺裕之さんと原日出子に起きていた夫婦の“異変”と、漏らしていた「常に将来が不安」

目次

・近隣住民が目撃した夫婦の姿
・朝5時から1人でゴミ拾い
・「常に将来の不安があった」
渡辺裕之さんと原日出子に起きていた夫婦の“異変”と、漏らしていた「常に将来が不安」
渡辺裕之さんと原日出子(2003年)
またも悲劇が起きてしまった─。5月3日に俳優の渡辺裕之さんが自宅で亡くなっていたのだ。

「死が公表されたのは翌々日の5月5日。妻の原日出子さんがお昼ごはんを作って渡辺さんを呼んでも返事がなく、地下のトレーニングルームに行ったら、そこで首をつって亡くなっていたそうです」(スポーツ紙記者)

亡くなったとされる地下室は、渡辺さんの趣味が詰まった部屋だったという。

「自宅を建て直したときに、地下室を自分の趣味スペースにしたそうです。そんなに広くはありませんが、トレーニング機材やドラムセットがあり、大画面テレビで映画を見ることができました。渡辺さんは、ここ最近、その部屋にこもっていることが多かったようです」(渡辺さんの友人)

渡辺さんの自宅は神奈川県の閑静な住宅街にある。

「3日の午後にパトカーが来て、警察官が出入りして不穏な雰囲気でした。泥棒でも入ったのかと思っていましたが、まさか渡辺さんが亡くなっていたとは……」(近所の住民)

渡辺さんと原が結婚したのは1993年のこと。

「原さんは1981年にNHK朝ドラ『本日も晴天なり』のヒロインでブレイク。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.