くらし情報『吉野家元常務だけじゃない!麻生太郎、森喜朗…“エライ人”はなぜ女性蔑視発言をするのか』

2022年5月11日 07:00

吉野家元常務だけじゃない!麻生太郎、森喜朗…“エライ人”はなぜ女性蔑視発言をするのか

目次

・“男同士の付き合い”が差別を助長
・女性議員による女性蔑視発言も
・自分が差別したことを認めない
・政治家による問題発言の一例
・女性差別と批判を集めた企業による広告や発言
吉野家元常務だけじゃない!麻生太郎、森喜朗…“エライ人”はなぜ女性蔑視発言をするのか
吉野家(上)と麻生太郎(左)、森喜朗
「田舎から出てきた右も左もわからない若い女の子を無垢、生娘のうちに牛丼中毒にする」「男に高い飯をおごってもらえるようになれば、絶対に(牛丼を)食べない」

牛丼チェーン「吉野家」の常務取締役企画本部長(当時)の伊東正明氏が、早稲田大学の社会人向け講座で「生娘をシャブ漬け戦略」と称し語ったこの発言は、SNSを中心に大きな批判を浴びた。発言の2日後、吉野家ホールディングスは「人権・ジェンダー問題の視点からも到底許容できない」と、伊東氏を取締役から解任している。

政治家や企業で責任ある立場の人間が女性蔑視や差別発言を公の場で行う例は、これまでにも数多くあった。近年では、社会的地位を失うなどの厳しい処分を受けるケースも多くなってきたとはいえ、同じような「炎上」が繰り返されているのが現実だ。

原因はどこにあるのか。『これからの男の子たちへ』(大月書店)などの著書がある弁護士・太田啓子さんに話を聞いた。

「伊東氏の発言は、本人は軽いウケ狙いのつもりだったのでしょう。こうした“冗談”で笑いがとれると思ったのでしょうが、その場に女性もいる意識はあったのだろうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.